知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮がんの発生原因

子宮内の細胞は女性ホルモンの一つであるエストロゲンの刺激によって増殖し、子宮内膜は厚みを増していきます。
ところが過度のエストロゲンの刺激は子宮内膜増殖症を引き起こしてしまいその一部ががん化してしまうと考えられています。
異常な細胞を含んでいる子宮内膜の過剰増殖は子宮内膜異型増殖症と呼ばれ子宮がんとしては最も初期で症状も全くありませんが0期子宮がんに分類され治療の対象になっています。
エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれているように主に卵巣から分泌されています。
閉経するともちろん卵巣からの分泌は止まってしまいますのでエストロゲンによる過剰増殖は治まりそうなのですが、エストロゲンは卵巣からだけでなく脂肪組織からも供給されています。
ですから閉経したからと言って子宮がんのリスクがなくなるわけではありません。
なくなるどころか閉経後は肥厚した子宮内膜が月経により排出されず、いつまでも子宮にとどまってしまう為に子宮がんのリスクは閉経前に比べ高くなってしまいます。
脂肪組織から供給されると言う事は、閉経後の肥満はそれだけでリスクが高くなると言う訳です。
その他の危険因子としましては、更年期障害の治療薬であるエストロゲンを単独で使う事ももちろんリスクを高めてしまいますし、乳がんの治療薬であるタモキシフェンも子宮内膜ではエストロゲンの様に作用してしまう為、子宮がんのリスクを四倍も高めてしまうと言った報告があります。
直接の因果関係はありませんが、過度のストレスや不規則な生活なども子宮がんの発生に多少なりとも関係があると考えられています。

人気の症状について、深く知るならココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状.All rights reserved.