知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮がんの手術と後遺症

子宮がんの治療は症状や進行度によって判断されますが、がんを完全に摘出することを目標とした手術療法が治療の中心になります。
たとえ早期であっても子宮・卵巣・卵管の摘出が通常の治療とされています。
しかし、全くの初期で妊娠を強く望む場合はホルモン療法で経過を観察する場合もあります。
子宮がんの手術は摘出範囲によっていくつかに分かれています。
単純子宮摘出術は、子宮と卵管、卵巣を摘出しますが周りの組織はあまり取り除かず膣も大部分が温存されます。
準広汎子宮全摘出術は、単純子宮摘出術よりも広範囲を摘出しますが広汎子宮全摘出術よりも摘出範囲が狭くてすむので膣はやはり温存されます。
広汎子宮全摘出術になってくると子宮とがんの存在が疑われる周りの組織を含めて広範囲で摘出しますので膣も温存できず大きく切除される場合があります。
最後に骨盤徐臓術ですが子宮を含めがんの存在する膀胱や直腸などの臓器を摘出します。
人工肛門や尿路変更を伴う大手術になり体に大きな負担がかかってしまいます。
手術による後遺症は、子宮を摘出してしまう事により若く閉経前だったとしても月経がなくなり閉経してしまいます。
閉経するとエストロゲンの量が一気に減ってしまう為、更年期障害が出やすくなります。
更年期障害はうつ気分になり、肩こりや頭痛、不眠などの症状が現れる障害になります。
また、膀胱神経や直腸の神経が切断されると排尿障害や排便障害と言った後遺症が起こる可能性もあります。
Copyright (C)2017知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状.All rights reserved.