知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮がんの化学療法とホルモン療法

子宮がんの根治治療は病巣を完全に摘出する事が目標ですのでやはり手術が主になります。
しかし、がん細胞が体全体に広がってしまった場合などは手術や放射線療法のような局所的な治療だけでは対処する事ができません。
そのような状態が疑われる場合や、確実に遠隔転移している場合は化学療法がきわめて重要な治療法になります。
化学療法はがん細胞への効果が期待できますがそれと同時に、正常細胞に対しても必ず毒性があります。
したがって化学療法を選択する時は、根治だけでなく副作用などの症状も考慮して選択する必要があります。
手術によってがんは取り除いたのですが、再発リスクが高く全身にがんが広まる可能性が高いと判断した時に手術後に行う化学療法を術後化学療法と言います。
再発や転移を防ぐ目的で行う術後化学療法と違い、子宮がんが見つかった時にすでに遠隔転移があったり、手術後しばらくして再発してしまったりした場合にはがんが全身に散らばっていると考え再発・遠隔転移への化学療法が治療の中心になります。
化学療法は副作用の症状もひどい為、0期などの初期であり将来的に出産を強く希望する場合は妊娠・出産機能を温存する事の出来る黄体ホルモン療法と言う治療法があります。
子宮がんはエストロゲンの影響を受け発生増殖するタイプが多くを占めますので、エストロゲンの働きによる子宮内膜の病変を抑え消失させる治療法になります。
しかし、黄体ホルモンには血栓症と言う重大な副作用がある為、血が固まりやすい人は残念ながら黄体ホルモン療法を受ける事ができません。
Copyright (C)2017知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状.All rights reserved.