知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんの手術

一昔前までは乳がん手術後の再発や転移のリスクを少なくする為、できるだけ大きく切除した方が良いと考えられ乳房切除術が乳がん手術の主流でした。
しかし、その後小さく切除した手術と治療成績が変わらないことが解り現在では乳房温存療法か胸筋温存乳房切除術が乳がん手術の標準的な方法になりました。
乳房温存療法とは、しこりを含めた乳房の一部分とわきの下のリンパを含む脂肪組織の切除を行う手術で、乳房のふくらみや乳首を残すことができます。
乳房のふくらみや乳首を残しても再発率を高めることなく、美しく乳房を残すことが目的の手術ですが手術後は手術だけでは取りきれない可能性のある目に見えないがん細胞を叩くため温存乳房への放射線治療が必須となります。
残念ながら乳がんが広範囲に広がっている場合や、二つ以上のしこりが同じ側の乳房の離れた場所にある場合、手術後に放射線治療が行えない場合などは温存療法が行えないため乳房切除術が選択される事になります。
乳房を残すためにはできるだけ早期発見、早期治療が大事になってきます。
乳房温存療法に並んで標準的な手術方法となっているのが胸筋温存乳房切除術になります。
胸筋温存乳房切除術は、乳房とリンパ節を切除して胸筋を残す手術方法になります。
胸筋を残す為腕のしびれや腫れ、胸の痛みなどの症状(後遺症)を軽くすることができます。
また、乳房再建術を行う事により乳房の形を作ることも可能になっていますので女性の精神的ダメージを軽減する事ができます。

人気の症状について、深く知るならココで情報収集しましょう

Copyright (C)2017知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状.All rights reserved.