知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

前立腺がんの初期症状

前立腺がんになると尿道を圧迫してしまう為、尿に勢いがなくなったり頻尿になったりといった排尿困難の症状が現れる事があります。
しかし、初期のころは尿道より少し離れた場所に発生する事が多い為初期症状はほとんどありません。
その為、がんの発見が遅れてしまい自覚症状が出た時にはすでに初期ではなく進行がんになっている可能性もあります。
症状としては、前立腺肥大症にとても似ていますが前立腺肥大症は内側部分に発生しやすく尿道に近い為、排尿障害は前立腺がんよりも顕著にでます。
どのような排尿障害かと言いますと、尿が出てくるまで時間がかかり勢いがなくちょろちょろと出る。
尿の終了が解りにくかったり、まだ残っているようですっきりしなかったりと言った症状が現れます。
これらの症状が出た場合は、前立腺がんの可能性も捨てきれないわけですから勝手に前立腺肥大症と判断せずに医療機関を受診する必要があります。
前立腺がんは、進行してくると血尿や排尿痛などの症状が現れる事があります。
また、前立腺がんは特に骨へ転移しやすい性質を持っていますので進行してしまうと、腰痛や背中の痛みを感じるようになります。
これらは前立腺がんが骨やリンパ節に転移している可能性が高い症状になります。
骨に転移してしまうと激しい痛みや麻痺、骨の変形などが始まりますので、生活の質が一気に低下してしまいます。
ここまでなってしまうと根治は難しく手術を行う事もできなくなりますので、痛みを抑えつつ延命治療を行うようになります。
Copyright (C)2017知らずに進んでませんか?病院に行った方がいい症状.All rights reserved.